スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ 
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

映画「レッドクリフPartⅡ - 未来への最終決戦 -」感想

「レッドクリフ パート2」を観てきました。
この作品はジョン・ウーが監督をした中国映画で、
三国志演義の前半のクライマックスである「赤壁の戦い」
描いたものです。
前編である「レッドクリフ PartⅠ」が昨年公開され、本作はその後編です。

三国志は好きな方なのですが、
ぼくは漫画「蒼天航路」から三国志に入ったので
曹操が悪役になってるとちょっとやな感じがします。
しかし、そういうことを関係ないものとしての感想を書いてみます。


前作では、中国南部に兵を進める曹操率いる魏の軍勢に攻撃され、
敗走していた劉備は、同盟すべく孔明を呉に派遣する。
孔明は呉の軍師である周瑜と意気投合し、同盟に成功する。
そして、劉備軍と呉の軍勢は曹操を阻止すべく、
長江の赤壁で曹操軍を迎え撃とうとする、というところまで描かれました。

そして続編である今作では、いよいよ赤壁の戦いが描かれます。


一般的に三国志の物語では劉備を中心として描かれるため、
周瑜が主人公になっている本作は結構新鮮です。
しかし、夫人である小喬をストーリーに絡めることで、
いい感じでその複線が効いてきています。
また、尚香(孫夫人)が意外なところで活躍し、
更に敵味方の友情物語も展開してただの戦記物ではなくしています。
前作ではあまり活躍していなかった女性二人が
この映画を面白くしていると思います。
また、どちらの女優さんもきれいなので、ぼく的にはそこもオススメポイントです。
ちなみに、どっちかというと小喬を演じているリン・チーリンの方が好きです。


前半は周瑜と孔明が策略をめぐらし、戦いに備えていくのですが、
後半はいよいよ決戦の火蓋が切って落とされます。
呉と劉備の同盟軍は、数で大きく上回る魏の軍勢に如何に立ち向かうのか、
というところが爽快に描かれていきます。
水軍の戦いなので地味な絵になるのかと思いきや、ド派手な戦いが展開され、
娯楽映画としてはいい感じになってます。

そして周瑜は軍略を練るだけでなく、殺陣でも大活躍です。
また、前作でも見せ場があった趙雲は今作でも活躍します。
関羽張飛も無双的な活躍を見せる場面が一応ありますが
時間も短いしそこまで強そうに見えないのでちょっと物足りませんでした。
劉備なんて、もうほとんど空気の様です。
史実では尚香は劉備と結婚するし、前作では出会っていたので、
尚香とのラブストーリー的な展開もあるかと思ってたのに。

そして、両軍が対決している時、孔明は遠くからのんびり見ています。
なのにかなり目立っています。
まあ、周瑜と孔明を中心に据えた作品なので仕方ないことだとは思いますが。

しかし、最後はうまくまとめてあり、観た後はすっきりとした気分で席を立てました。
天下三分の計とかの説明はないままで、ちょうどよかった気がします。


余談ですが、ぼくは前作を観たときから、
周瑜を演じるトニー・レオンが世界のナベアツの相方のジャリズム山下しげのりさんに、
曹操を演じるチャン・フォンイーがさま~ず三村さんに見えて仕方ありません。
それに気づいてからは、山下VS三村の戦いって・・・
とか考えてしまって、入り込めません。
「かかしかよ!!!」とか突っ込んで欲しかったです。
これからご覧になる方はこのあたりは気にしないで観てみてください(笑)

なお、この映画で三国志って面白いと思った方は、
まずは導入として漫画の横山光輝 「三国志」や
王欣太 「蒼天航路」を読んでみて、
更に三国志ワールドにハマってみるのもいいと思います。

    

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

そうそう、と思った方は、同意のクリックをお願いします。
スポンサーサイト
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ 
映画 | 2009-04-10(Fri) 21:10:42 | トラックバック:(15) | コメント:(8)

映画「007 慰めの報酬」感想

映画の感想を書くのが楽しかったので、
お小遣い稼ぎとは関係ないですがまた書きたいと思います。
以前の記事(オメガな理由)で少し触れた「007 慰めの報酬」の感想です。
その記事と内容が重複しますが。


本作は007シリーズには珍しく1話完結でない続き物で、
「007 カジノロワイヤル」の続編になります。
前作では00ナンバーになったばかりのジェームズ・ボンドが
テロ組織の資金調達を妨害するため、
カジノで数学の天才であるル・シッフルとバカラで対決します。
作戦後、パートナーであったヴェスパーと恋に落ち、
結婚まで考えて、上司のMに辞職届を提出します。
しかし、ヴェスパーは敵組織の手で命を落としてしまい、
ボンドは敵の手がかりのMr.ホワイトを捕まえた、
というところで前作は終わりました。


今作はそのMr.ホワイトを連行するところから始まります。
いきなりカーチェイスが始まって焦りましたが、
しばらくして「カジノロワイヤル」の終わり方を思い出して
それからはスムーズに入っていけました。
前作もそうでしたが、今作もアクション目白押しです。
しかも、従来の007シリーズと異なり、なんかハードな感じです。
近接格闘も軍隊格闘チックな動きで、リアルです。
アクション好きなぼくとしてはこれは結構高得点です。

また、ストーリーとしても徐々に黒幕に近づいていく、
という007お決まりの展開を少し張り詰めた感じで描いています。
恋人の復讐、という背景があるからかも知れませんが。
でも、このボンドはちょっと人を殺しすぎな気がします。
まだ00ナンバーとしては新人なので、
これからの作品で変わってくるんでしょうか。

あと、「カジノロワイヤル」を観てから時間が空いてたので、
フィリックス・ライターとルネ・マティスが「誰だっけ??」
って感じになってしまいます。
事前に予習した方が楽しめるのは間違いないですね。


前作からジェームズ・ボンドを演じているのは
現在41歳の金髪のイギリス人俳優、ダニエル・クレイグです。
ぼくは「カジノロワイヤル」でこの人を見たとき、
この007、いい!!と思いました。

そう思った理由の中で一番大きいのは
筋肉の付き方、だと思います。
半袖のシャツを着ている場面が多かったため、
腕や肩の筋肉の盛り上がりがよく見えたんです。

ジェームズ・ボンドはイギリス海兵隊出身という設定なので、
ぼくがイメージする軍人っぽい筋肉のダニエル・クレイグが
ぴったり当てはまったんだと思います。
それまで、ぼくの中で最高の007はショーン・コネリーだったんですが、
それがあっさり塗り替えられました。

ダニエル・クレイグが降板するかもしれないという話を聞いたのですが、
まだまだ続けて欲しいです。


なお、このブログの目標がOMEGAシーマスター プラネットオーシャン
買うことになってるのはこの映画の影響が大きいです。
劇中でボンドがしているのはこちらの
    
オメガ シーマスター プラネットオーシャン 42mm 2201.50
コーアクシャル クロノメーター ブラック メンズ
  です。

プラネットオーシャンは600m防水仕様ですが、
水の中に落ちることも多いボンドにはダイバーズウォッチが必要なんでしょうね。


お小遣い稼ぎを始めて半月程度になりますが、
今までに稼いだのは1万円近くになります。
まだ換金できないので獲得金額には入れていませんが。
そこから少なく見積もって、今後も月1万円程度稼ぐとすれば、
それだけで毎週映画を観に行けそうです。

まあ、そんなことしたらいつまで経ってもシーマスターは買えませんが(笑)

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

映画はちょっと我慢して、お金貯めなさい!と思った方は戒めのクリックをお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ 
映画 | 2009-03-31(Tue) 21:15:55 | トラックバック:(6) | コメント:(7)

映画「ワルキューレ」感想

この間の日曜日は映画を観に行ってきました。
見てきたのはトム・クルーズ主演の「ワルキューレ」です。

今回は一切予備知識を付けないで観に行ってみました。
テレビの予告編だと眼帯をつけたトム・クルーズが暗躍して、
飛行機が飛んで兵隊が走る、みたいな感じで、
しかも「史上最大の作戦(ミッション)」なんて煽りがついていたので
ミッション・インポッシブル的なスパイ映画かと思っていました。


しかし、実際に観てみるとそんなことは全然なく、
第2次世界大戦時の実話を基にしたまじめなお話でした。
歴史物が好きなぼくとしては十分楽しめましたし、
終盤どうなるかは結構ドキドキしました。
そして、軍人っていう立場は難しいなと思いました。

いい意味で期待を裏切られた作品でした。


昔、今回と同じように予備知識なしで映画を観に行ったことがあります。
どんな映画か知らずに、森田芳光監督の「黒い家」を観に行きました。
テレビCMもポスターすら観ることなく行ったので、
始まってしばらくはヒューマンドラマかと思って観ていました。

しかしそのうち、西村雅彦の腕が飛んで、大竹しのぶが活躍し出すと
なんじゃこりゃ~、って感じです。
サスペンスホラーだったのです。
「あの子には心がない」とか、怖すぎます。
その後何回か夢に出てきました。

映画を観る前にどの程度その映画について知っておくべきかっていうのは
難しい判断になりますよね。
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ 
映画 | 2009-03-26(Thu) 21:53:08 | トラックバック:(7) | コメント:(5)

Copyright © 0からオメガへ ~お小遣い稼ぎ奮闘記~ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。